センクサス綜合法律事務所

代表挨拶

当職は、企業法務系法律事務所で約9年間執務し、その間、多様な企業のクライアントに対して広範囲にわたるリーガルサービスを提供して参りました。その際に培った豊富な経験を、より幅広い分野・規模の企業の皆様に役立てたいとの思いから、2016年に当法律事務所を開設いたしました。当事務所は、企業が事業を遂行するにあたり日々直面する多様な法律問題について、最善の結果を得られるよう、クライアントの皆様に寄り添い、各企業の特性に応じた総合的なリーガルサービスを提供することを理念としております。
なお、法律家がクライアントの皆様にリーガルサービスを提供するに際して、税務の問題は、企業におけるあらゆる取引の実行の場面においてまず検討すべき最重要項目の一つといえ、これに対する慎重かつ適切な検討・議論を抜きにして最善の取引手法を取捨選択することはできません。この点から、当事務所は、専門的知識及び経験を有するセンクサスグループの会計・税務のスペシャリストと緊密に協同することにより、法務・税務の両面から良質なワンストップサービスをご提供することを可能としております。

当事務所は、刻々と変化する法規制や社会状況について地道な研鑽を積むとともに、規制緩和・IT化・ボーダーレス化の中で厳しい競争を行っている企業の皆様の一助になれるよう、必要に応じて他士業と共同してその英知を結集することにより、クライアントの皆様にとって最も有利な回答をご提供できるよう今後も業務に励んで参ります。

センクサス綜合法律事務所 代表弁護士 清水 貴暁